女性にとって結婚のお相手次第で今後の人生が大きく変わる事になるので、結婚相手を選ぶという最初の作業はとても大事です!

10代の頃や20歳と30代、40代と女性はどんどん変わっていくと言われているお相手に求める条件。
スペックの高い男性について今日は考えたいと思います。

 

脳科学者「男性をスペックで選ぶと最終的に損をする」と中野先生はおっしゃっています!

スペックといっても顔や、見た目に関するものから年収、仕事や財産などの条件によるスペックまで様々。。。

スペックが高いという条件を優先すると性格がダメでも別れる決断を下せずダラダラと付き合ったり元カレがスペック高い男性だったりすると次は元カレ以上の男性を求めてしまいがちという事もあります。

しかし結婚は取引!というように恋愛とは違う視点でのお相手チェックが必須です!

男性が妻の不満を15~18%解消するだけで、年収120万円分の価値があると言われているそうです。

これは男性が食後の後片付けを日に1~2回に増やすのに相当するそうで、男性の優しさは収入と違って一生モノという事です!
イケメンも年を取るとイケメン感は薄らいできますし、高収入男性がこんなご時世なので会社を辞める事になったり事業をやり始め失敗したりする事だって考えられます。

顔がちょっとイケてなかったとしても、長期的に得できるかを見るということだそうです
そういった意味では生理的に無理でなければ結婚してどれだけ得を出来そうか??という事を考えると良さそうですね!

 

結婚したら実はこんな特徴がある男性だった↓↓という事にならないよう普段の言動や行動は早い段階で見極めたいところですね。

①人の悪口ばっかり言っている
②お年寄りや困っている人を見ても何もしない
③自分の失敗を人のせいにする
④人や物事に無関心すぎる
⑤人の悪いところばかりを見つける
⑥しょっちゅう怒っている
⑦自分の事しか考えていない
⑧思いやりがない
⑨気分で対応がコロコロ変わる
⑩子供の面倒を何もみない

 

こういう特徴がある男性は基本自分中心に物事を考え思いやりに欠けている男性かもしれない😱

付き合っている間はなんとか優しさや思いやりがあるように接してくれていてもいざ結婚したら釣った魚に餌やらない🐡という状態にならないように、事前に相手の優しさチェックは絶対に欠かせません。

結婚生活におけるお金では買えない絶対に必要な男性の条件の1つに【優しさと思いやり】はかなり上位の条件に入れたいところですね。
ややこしいのは偽りの優しさを持った人はいると思いますが、本当に心から温かい人を見分けたいところです💦

 

結婚は取引というように、結婚前におおまかな約束や決め事を話し合っておくとお相手との結婚生活も少し想像できます。

結婚後はどこまで家事を分担するか、協力できるか?

洗濯のたたみ方1つにも拘りがあったり靴下の向きや、ワイシャツのアイロンのかけ方、掃除の仕方も長年一人暮らしが長いとよけいにお互いに違いも出てくるでしょうから、そういった細かい話もしておくと事前に後々もめません。

結婚して共働きなら家事を手伝いますよ、とおっしゃる男性が最近ではとても増えてきているので女性としてはありがたいですよね♪

 

女性にも様々なタイプがいて亭主関白な人が好きな女性、亭主関白は苦手な女性、男女家事は平等希望、台所作業は男性不参加希望、お財布は女性がにぎる派、逆にお財布は別派も!

子供の教育の考え方、両親の話しなども事前に契約書を交わす訳ではありませんが話しておくと後々「結婚前はこう言っていたからこうするね」と言える材料に。

 

そういった意味でもお互いの将来の設計図を結婚前に話し合い、取引にどこまでお互い応じたり譲歩できるお相手なのか!?

結婚生活という長い道のりを過ごす上でどれだけトータルで考えて得をできる相手なのか!スペックだけではない部分で判断してみるとよいかもしれませんね。

 

いずれにしても結婚は、一緒に生活をしていく事が出来る人なので拘りが強すぎたり、浮気性でまだ遊びたい人や、他人と合わせる事ができない人や困難な人には結婚は難しい傾向にあるので、結婚前にどこまでお互いが譲りあえるか話し合うという事はとても大切な気がします。

お付き合いしている彼がなかなか結婚に踏み切らなかったり、女性の切り出した結婚話に真剣に向き合ってこない内は、きっとまだ結婚したくないか、結婚を求めていない男性の可能性が高いので、そんな時は無理に追わず、次の結婚相手として最適な自分が幸せになれるお相手を探しましょう♪