結婚率の低下の原因!

今日は仲人さん達の集まりがありまして、懇親会で呑んで食べて情報交換をした後に4人ぐらいでお茶をして帰りました🏠

色々な婚活や恋愛話が話題に上がったので情報共有します。

結婚率が現代は下がっている原因の1つに、経済的な理由も大きく、

日本全体の経済が下がっているため、女性が安心して子供を産もうと思えない。

 

女性が仕事を辞めて育児に専念しようと思える環境がないため、

じゃあまだ結婚じゃなくてもいいか。となってしまう人が増えている。

 

まだいいか。。と思ってきた結果気付いたら35歳過ぎていて、38歳ぐらいになってから急にやっぱ結婚したい!と
お相手を探し始めるが、その時になるとなかなか出会いもなく、良い相手に出会いにくく、
なかなか結婚に繋がらないといった悪循環が起きている。

というお話がありました。

なので国がもっと少子化対策にもっと税金を投入してくれたら結婚率は上がるはずなのに、というご意見も。

一人産んだら毎月10万円ぐらい国から援助が出ればいいのにね~と!!
結婚したら家族手当を〇万円など国から支援が出れば結婚に前向きになるのに~→ほんとにそう思います。

現実的には無理だと思いますので、私達は今置かれている状況で結婚に向かうために、
仕事の事、育児と仕事のバランスなどを
計画的に考えていかないといけないといけないという事なんですよね。

1対1でデートをする事が喜び!

一人でいると、たまに一緒にお茶に行ける相手、一緒に旅行に行ける相手、一緒にディナーに行ける相手が欲しくなる。

そんな時に、デート出来る相手が一人でもいるって事はとってもありがたい事なんだ!っというお話が!

和田アキ子の名言

「たくさんの友達より一人の異性」

というように、同姓ではなく異性と1対1でデートをするという行為そのものが、心が弾む出来事♪♪♪

 

2人で茶に行って、その後水族館へ行って、楽しく話したり腕を組んだり!

そういったスキンシップが取れる相手が傍にいるかいないか?という事は
たしかに生活スタイルそのものが潤うか、どうか??
という視点で考えれば相手がいた方が生活は潤うと思います。

 

A君に明日会うから、今日はパックしておくか!

とかTちゃんと明日会うから今日は、腹筋100回やっておこう!など!

会う前にソワソワしたり、あと何時間で会える💑と仕事中に考えたりすると、嫌な事あっても
緩和されたり、楽しみが増える事は間違いないですもんね~

最後はやっぱり1対1に限ります。

 

昔は気になる子にとりあえず誘っていた時代!

私達の世代の上の世代はバブル全盛期の時代で、経済的にも裕福な男性がたくさん存在していた時代です。

その世代の誘い方を聞いてみたところ、

 

『とりあえず気になる子がいたら、断られると一瞬へこむけど、どんどん誘っていた』

そうです。

私の先輩達はジュリアナへ通い、(古すぎてわからない人もいると思いますが、クラブのもっと過激なところ??)
パパ(お小遣いをくれたりブランド物をくれる年上の男性)がいたりと、結構普通にそんな会話があふれていました。
でも綺麗な先輩達は彼氏もちゃんといたりしてたんですよ💦

『今日パパとごはん行ってくる~』

『昨日ジュリアナ行って、○○の男と〇して。。。』→めちゃくちゃ過激な内容が会話で書けない💦

今度連れていってあげるとか先輩に言われましたが、結局ジュリアナは行かなかったなぁ~。

普通のクラブでナンパされたぐらいですが、あんまりクラブでは良い男性いなかった記憶・・・

 

若干バブル全盛の下の世代の筆者なんですが、アッシー(車で送ってくれる男性)、メッシー(飯を奢ってくれる男性)とか言われていて www

書いていて古くて笑えましたが 笑
しかし友達との会話の中で

『どうする?終電なくなっちゃったよ!』
『じゃあ○○男呼ぶ??』

ってほんとに友達が言ってた・・
昭和の昔あるあるなんですかね、これってば。。。

その時代の男性は、とりあえず女の子と遊ぼうと思ったらすぐ誘っていたそうです!

すぐにナンパする!
すぐ奢る!
すぐ口説く!

誘う数が多いので、その分断られる数も多く、一瞬落ち込むらしいのですが、でもめげずに数打っていたらしいのです。

誘ってついてくれば恋愛に発展する率が高いので、恋愛世代。
アプリもないから、自ら行くしかない雑草魂時代なんですって。

昨日も呑んでる席で、ものすごくテキパキ動く先輩方男性はさすが~と思っちゃいました。
女性を甘やかしてくれるのが上手な世代なのかもしれませんね。

お支払いも細かい事言わず「女性は、少なめ。」との事で紳士的に見えました。

 

恋愛がしにくい時代へ突入!

現在では、婚活アプリやSNSの影響でリアルの出会いより、ネットの出会いが復旧してきています。

そのため、普通に街で声を掛けられるというよりは、アプリで声を掛けられる時代へ。

 

出会いは簡単になったのに、成婚率は低下しているという事実がありますが、これはリアルの恋愛が苦手だったりコミュニケーションの不足から、上手くいかないケースが増えてきている。

そしてもっといい人がいるかも?

 

など情報が増えた分、迷ってしまう率も増えてしまい、現代の便利になった代償が別の形で
現れているといっても過言ではありません。

 

アプリの中の嘘情報や、嘘年収を書き、本命がいて別の遊びの相手を求めている男性の見分けがネットだけでは見抜けにくく、
性犯罪や、性目的で登録している男性もいるため、女性は見極めをしなければいけないですね。

愛がある生活を💑

ある仲人さんが、今の若い世代の女性には、

『結婚することは幸せな事』

《子供はかけがえのない存在》

若い年代の世代の子達にも伝えたいのよ~

とおっしゃられていた言葉が頭に残ってます。

筆者も同感です♪

『愛』って奥深いですね。

 

今日の会合では、最初は皆さんなんだかんだ、理想があって、年収をこだわっていたとしても女性が最終的に決めるのは

なんだと思いますか??

 

長くなったので次回に続きます。。。