男女の恋愛は学校
以下の順番に進むとは限りませんが、恋愛には段階があるといいます。。。

「学校」の画像検索結果

どんどん学んでステップアップしていき最後は、自分より相手の立場を考え
謙虚な気持ちにたどり着く事で愛に気づき結婚が近づくのではないかとも言われています!

あくまでも例えばの表現ですが恋愛の学校はこんな感じではないでしょうか↓

【小学校】【入門期】

一年生は、好きな人が出来て片思いの時期→異性を意識する

二年生は、片思いから告白したり、告白されたり異性と動きが出る時期

三年生は、フラれたり痛い目に合う時期

四年生は、誰かと実際に付き合ってみる時期

五年生は、交際してみて楽しさや逆に辛さを経験する

六年生は、交際の中から自分の嫌なところや良いところを学ぶ時期

小学校卒業:出会いや別れを経験する

ここまでが小学校です

 

【中学生】【反省期と改善期】

中学一年生は、別れた結果、恋愛がうまくいかない時分析をして次回の恋愛に活かす時期

中学二年生は、前回の教訓を元に新しい人を好きになる

中学三年生は、何度か交際を経て学び、失敗、改善を繰り返す時期

中学校卒業:何人かの異性と実際に付き合ってみる

次は高校生です

【高校生】【現実期】

高校一年は、理想と現実のギャップを身をもって学ぶ時期

高校二年生は、一人の人間として相手と向き合う時期

高校三年生は、恋愛と結婚の違い、結婚の意味を初めて理解できる時期

高校卒業の段階では、人の痛み、自分の痛み、異性の枠を超えた好きだけではないのが
結婚という事を理解できる段階

大学生になる頃には、恋愛で痛い目にあい、人の痛みもわかり、人間的に価値観が奥深いものになっている。

【大学生】【結婚準備期】

痛い思いをしながら恋愛や出会いを何度も経験してきたため、人間的にも
成長をし、自分ばかりが要求する気持ちを抑え、相手の立場も考えられるようになり、
仕事も安定し、結婚を考えれるようになり、外見や条件が自分に釣り合った相手を見つける能力が備わり
結婚に結び付く時期♪

大学卒業で【結婚へ♥】

ここでは学校としての例えでしたが、恋愛の段階では、少しずつ交際を経て
たくさんの事を学び、やがて自分にとって本当に合っている人を理解し、
恋愛から愛になって結婚を意識するようになり、婚約→結婚
と段階を進める必要があると思います。

 

今は何年生ぐらいのところにいましたか?
大学生まではしんどい時期も何度かありますが、辛抱強く自分を見つけ直す事で必ず乗り越えられるはずです。
疲れたら休みながら一歩ずつ確実に歩んでいきましょう。

 

今の世の中は物で満たされているので感覚が鈍りがちですが、あと30年後、40年後になって
おじいさん、おばあさんになったら今は当たり前の事と思っている事こそが
きっとそれが”幸せな事”に感覚が変わってくると思うんですよね。

 

元気でいる事が幸せ♡

働ける身体がある事が幸せ♡

元気に食べれる事が幸せ♡

生きているだけで幸せ♡

目標があるだけで幸せ♡

眠れるだけで幸せ♡

友達がいるだけで幸せ♡

就職先があるだけで幸せ♡

好きな人がいるだけで幸せ♡

好きな人と貧乏でも一緒にいるだけで幸せ♡

彼が優しいだけで幸せ♡

好きな趣味があるだけ幸せ♡

お酒がのめる身体があるだけで幸せ♡

歩けたり走る事ができるだけで幸せ♡

 

こんな些細な事でもきっと本来は幸せな事なんだと思います。

たぶん現代の世の中は物が溢れて思考が鈍っているのではないかと思うのですが
今は当たり前の事が出来なくなった時にやっと普通のありがたさに気づくものですよね。

 

そもそも屋根があるところに住んでいられるだけで幸せ。
仕事先だって歳を重ねるとなくなるかもしれません。

ご飯を食べれる身体がある事、ご飯が食べれるお金がある事。
ミサイルや爆弾がしょっちゅう飛んでこない日本にいる事だってそもそも幸せです。

 

これ以上に恋愛や結婚を望むとき、更に幸せになりたいと思いがちですが、
何かを得るには何かを削らないといけない事は長く生きていると学びますよね。

 

明日もし大地震が起こり、今まで大事だと思っていた価値観が意味をなくし、
何もなくなってしまったとしたら、実はどんな人に隣にいて欲しいですか?

 

あなたにとっての一番の幸せとは何でしょうか?