本日は東京で婚活パーティーを開催しているキャンマリーとして記事の取材を受けました(^^♪

しゅ、取材なんて、初めてなので大丈夫ですか??って最初に聞いてみたのですが、

普通にお話頂ければ!!と言われたのでいつもの調子で

世間話のようにお話させて頂きました♪

最初に

『どんな事をしているんですか?』

『なぜそのお仕事を??』

みたいな質問からスタートしました!

何故かというと、最初の発端は友達がアウトドアの婚活パーティーで彼氏ができた。

という話があって、当時婚活イベントには

参加した経験がなかったんです。

『何それ?どうやって出会ったの??』

という話から、参加したいというより、ルートを考えたり、
バスガイドのように引率している姿が映像として思い浮かんだので、これはやってみたい!!!

友達が初参加で彼氏ができたように、カップル誕生させたい!!

と思った事が元々のきっかけです。

そもそも子供の頃から誰かと誰かをくっつける事を普通にしていて、成功した時の喜びが自分のやりがいに繋がっていたので、
これが仕事になるのは違和感もなく全く自然な流れでした。

 

とお答えしました。

 

初参加のアウトドアの婚活イベントで彼氏に出会った話

私の友達は初参加で彼氏ができて、数名とデートをして、一番気の合う男性と交際をスタートさせたそうなのですが
年収が1000万円以上だった事は交際後に伝えられたらしいです。
それを聞いて、たった一回の出会いで今後が変わる事もあるのだと思ったら、
婚活パーティーというスタイルで男女が出会うきっかけを作る事は現代ではとても大切な事もお伝えしました。

 

現代ではネットで完結してしまう時代だけどバーチャルではなく人と人の関わりによって
学ぶことの方が多く、SNSだとちょっと大げさだったり、心が感じられなかったり、
嘘だったり、生身の人間同士ならやっぱり面と向かって話す事って大切なのではないかと~。

 

ふと記者の方はどうなんだろう??と思ったので逆に聞いてみました↓

 

取材の記者の方は、婚活パーティーで一人3分ぐらい話したら気に入った人の
名前を書かなければいけないシステムに疑問を持ち、それから3分じゃ無理だ~っと思った経験があったようです。

 

記者の方がちょっと面白い事を言っていたので、共有させていただくと、日本も
イタリアみたいに挨拶がてら、『きれいですね~』『一緒に飲みにいきませんか~』『あなたを愛してます~』
などの言葉を普通に発せるようになると今の日本の結婚率が上がると思うとおっしゃってまして、
たしかに~ってちょっと思いました。

 

記者の方は、前は女性と上手く話せなかったらしいのですが、ある時考えを改め

好きならすきって言ってしまおう!
可愛ければカワイイね。って言ってしまおう!

と感情を素直に言うようにしたら女性と話せる機会がぐっと増えたそうで次にもつながりやすくなったそうです。

 

他色々お話を致しましたが、どんな記事になるのかドキドキです~